後遺障害

後遺症であるか後遺障害であるかということは、損害賠償請求においてとても大事なことです。後遺障害があるためには、認定を受ける必要があります。後遺障害の認定は、どこでどのような方法で行われるのでしょうか。

これまで治療を行ってきた医師によって後遺障害の認定をしてもらえるものと思ってしまうでしょう。しかし、そのような医師が後遺障害の認定をする訳ではありません。後遺障害の認定は損害保険料率算出機構によって行われているということを覚えておいてください。

ただし、主治医が何もしてくれないということではなくて、主治医が書く後遺障害診断書等の証明書類は、損害保険料率算出機構によって行われる後遺障害の認定、等級の決定にとてみ大事な判断材料として扱われることになります。

後遺障害認定を受けるという場合において、保険会社に請求書類を提出して保険会社によって損害保険料率算出機構に判断をしてもらうことになります。あなたがムチウチになってしまった……というとき、 後遺障害について警戒をしなければなりません。

ムチウチは、外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)と言うものであり、 頭部が前後に過度の屈伸をしてしまうことによって、首の組織に損傷を生じたことから起こる症状です。