ムチウチ

打ち身やねんざや、骨折、頭部外傷が、ムチウチにあたり、このような症状は非常に複雑であり、後遺症なのに後遺症と認められないケースも多いです。

ムチウチの症状が後遺障害として認定された場合には、伴う痛みやしびれによってその等級が変わります。ただし医学的な証明がなされない時は、非該当です。客観的な医学的根拠が証明できる時は、12級であり、 医学的には証明されないものの、臨床検査によって説明がなされる時は、14級です。労災を準用している自賠責保険の後遺障害等級認定においては普通は、この12級と14級です。

ムチウチに関して言えば、客観的・医学的な根拠がないケースが非常に多いようです。ですので、各種検査を受けることが要求されます。どのような検査をするかは千差万別です。医師や弁護士などの専門家に相談して判断してください。

ムチウチは、後遺障害認定として非常に難しい症状と言われています。しかし、交通事故にあった人は、出来るだけ、等級をあげたいというモチベーションも当然起こってくるでしょう。医師より診断書を取り寄せ後遺障害申請を行ったものの、非該当となるケースもとても多いのです。自覚症状以外に何も異常がなければ医学的には異常なしということになってしまうのです。