交通事故にあった

もしも事故にあってしまったら、いろいろな問題を解決していかなければなりません。事故によってあとあと後遺症が残ってしまうかもしれません。後遺症とは、 事故直後から一定期間の強い症状が治癒したあとでも、尚残り続けてしまった機能障害や神経症状の症状や障害を言います。

症状や障害という言葉には大きな違いがあります。同じ意味と捉えている人たちも多いですが、ここを注意しなければなりません。事故によって受傷してしまい、一定の治療の末残ってしまった症状を後遺症といい、更に精神的・肉体的な傷害が、症状固定となり、(将来においても回復の見込めない状態)交通事故と因果関係があり、 医学的に認められ、労働能力が喪失し、 自賠法施行令の等級に該当するものを、 後遺障害と言います。

後遺障害は、 等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象となりうるものです。労働能力の喪失を伴った後遺症の場合、等級認定の申請が通れば「後遺障害」という扱いになるということです。事故をおこし、加害者は、損害賠償という責任を負うことになるかもしれません。それは、加害者が、他人に与えた損害を補い、損害はなった以前と同じ状態を目指すものです。

しかし、後遺症という診断を医師がしたにしても、労働能力の喪失がここに認められている訳でもなく、 後遺障害に認定をされなければ、後遺症に対する損害賠償を受けることが出来ません。更に、お話しを続けましょう。